生涯学習愛媛 bS4(平成11年11月発行)
団体・サークルの紹介

であい・ふれあい・ときめき・・・
愛媛県レクリエーション協会

   愛媛県レクリエーション協会は、1981年4月16日、日本で一番最後の都道府県レク協会として設立されました。1949年に大阪府レク協会が発足してから30年余後の事でした。
 1930年には全米レク協会が、1948年には日本レク協会が設立されていたのです。
 スタートは遅かったのですが、1998年には全国レク大会を開催しました。現在、加盟団体50、賛助団体40、資格取得者970名と、飛躍的に発展をしている団体です。
 レクリエーション(Recreation)は外来語でReとcreationから成立し、意味的には、「創りかえること」「再創造」から派生した言葉です。
 レクリエーションとは、本質的には、遊ぶことの受け止めから出発しています。遊びは、人間にとって宿命的な領域のひとつで、遊ぶこと自体は、善でも悪でもありません。レクリエーションは、人々が楽しみや喜びを求める欲求を実現する広大な世界であると言えます。
 「レクリエーション」という言葉を聞いて皆様が思い浮かべる事は何ですか?「楽しい」「ゲーム」「生きがい」「スポーツ」「緑溢れる美しい自然」「鑑賞」「散歩」etc.いずれもすばらしい答えです。
 「いつでも、どこでも、だれでも、だれとでも」、そんなレク支援者づくりを目指し、講習会を開催したり、市町村レク協会設立の支援をしたり、加盟団体育成のお手伝いをしたり、一般市民参加の愛媛県レク大会を開催したりしています。
 「年齢をこえて楽しめた。」「始めて会った人達なのに、いきなり友達だ。」と参加者からの嬉しい声です。
 愛媛県レクリエーション協会は、誰のものでもありません。会員一人ひとりのものです。一人ひとりが、今、自分にできることをし、一人でも多くの市民に、より良いレク援助ができるよう、日夜頑張っている団体です。皆様のご参加をお待ちしています。
事務局長 濱田博子


▲「サアーみなさん上に手をあげましょう−」
▲バンブータイムレース。気持ちを合わせて「1.2.3」「1.2.3」
▲「♪・・・ズンズンズンズン芽がのびて、花が咲きました。ポッ♪」

−目次へ− −前へ− −次へ−