インターネット講座


ふるさとおもしろ講座-四国遍路-

(平成13年度第2回)四国遍路の盛行
-庶民遍路へのみち、四国遍路の庶民化、庶民遍路の隆盛-


遍路風景(江戸時代)

遍路風景(江戸時代)
 四国遍路は、室町時代末期に成立したと考えられているが、江戸時代の中ごろから、従来から宗教者の修行として専ら行われていた遍路に加えて一般庶民の遍路が発生し、次第に隆盛に向かっていった。そうした発展の中において、今日にも見る遍路特有のさまざまな性格が生じることとなった。
 この節では、日本の巡礼のうち、特有の性格を持つという四国遍路について、江戸時代における歴史的発展の経緯について学術整理を行い、現在ますます盛行する四国遍路の基点ともなった近世の遍路史を概観する。


contents
映像 音 関連写真

本講座は上記の種類の形式で講座を提供しています。
お好みの中から、受講することが可能です。

RealPlayerホームページへ本講座には、RealPlayer™を使用して受講するコンテツがございます。まだお持ちでない方は左記アイコンをクリックし、RealPlayer™をダウンロードして下さい。
また、インストール(Set up)方法がよくわからない方は、こちらのサイトをご参照ください。

<< BACK

Let's enjoy learning
愛媛県生涯学習センター振興課:TEL 089-963-2111(内線115)
掲載情報の無断転載を禁じます。